日記

得意なことを深くやろう

人はみんな、得意なことと不得意なことを持っていますが、
どうしても不得意なことを直し、平均的な人間になろうとする
傾向があります。

努力には、肉体的・精神的な苦痛と疲労が伴いますので、
いつまでも無限にできるということはなく必ず限界があります。

そうした有限のエネルギーを注ぐ先を、
人は不得意なことの矯正に向けますが、その分のエネルギーを、
得意なことの研鑽に注いだほうが良いと言われています。

いろいろなことをまんべんなく平均的にできるよりも、
あるひとつの分野を深くできることのほうが価値がありますし、
そういう人のほうが平均的な人よりも頼りにされるものです。

「誰とでも友達になれる人は、誰の友達でもない」

という言葉があるように、

「何でもできる人は、何もできない人である」

と言うことができるでしょう。

何か一つのテーマを選んで(選ぶ時には勇気が要ります)、
それだけに打ち込むと新しい世界が開けてくるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。