日記

心が行動を止めている

たとえばそれは「理性」と呼ばれますが、
人は簡単に殺人ができるのにそれをしません。
キッチンに行けば鋭利な刃物がたくさん置いてあるのに、
それで殺人をすることはありません。
ごく普通の意識の下で、心が行動を抑止しています。

同様に、自らの命を絶つことも簡単にできるのにしません。
高い建物の屋上にはすぐに上れますが、
そこから飛び降りることはしません。
心が行動にブレーキをかけているのです。

しかし、このように良くないことを抑止するだけではなく、
良いことまでも抑止してしまうから困ったものです。

たとえば、せっかくできる能力を持っているのに、

「わたしにはできない。」

と思ってしまった時点で、もうできなくなってしまいます。
不思議なことに、身体が動かなくなってしまいます。
本当はできるのに、心がブレーキをかけている状態ですね。
このようなことはとても多いと僕は思っています。

つまり、何かをやろうと思ったら、まずは、

「わたしにはできる。」

と思うことから始めなければいけません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。