日記

心と行動を整えるお守りのようなもの

外出してスマートフォンを家に置き忘れたことに気付き、
しかし引き返す時間も無く、外出の間中、落ち着かない気持ちで
過ごした経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

いつも手元に置いてあるものが無いとたちまち不安になり、
考えが乱れ、良くない行動を取ってしまいます。
そして大きな失敗やトラブルを迎えることになります。

しかし、これは逆の見方をすると、

「それを持っていると心が安定し、行動が最大化される」

ということになり、「お守り」のようなものとして
捉えることができるでしょう。

そのような効果をもたらすのは、結局、スマートフォンでなく
ても良く、何でも、どんなことであっても良いでしょう。

「習慣」もお守りのような意味を持っています。

それをしなければ落ち着かないけれど、それをしさえすれば、
簡単に心と行動を安定させることができるからです。

大切なのは、そのようなものを一つ
自分自身で決めるということでしょう。

僕は、読まないのに常に鞄に入れて持ち歩いている本があり、
それが鞄に入っているだけで心が落ち着くからそうしています。

今日の音楽

新しい道/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。