日記

心の目で見なさい

「病は気から」と言いますが、
何事も心がけ次第で受け止め方は違ってきます。

心のあり方、心の持ち方というようなものが
行動や人生に大きく作用するのですね。

時には自分の眼前に立ちはだかった大きな問題が、
心の持ち方を変えることで些細なことだと気付いたりします。
またその逆もあり、何でもないと考えていたことが
実はとても重要だったということを知ることもありますね。

「心の目で見なさい。解決方法は目の前にある。」

とマクドナルドを日本に広めた藤田田さん(ふじたでんさんと
読みます。不思議なお名前ですね。)がおっしゃいましたが、
まさにその通りで、心の目で見ることをしなければ
もっとも重要なことを見落としてしまうでしょう。

また、作家サンテグジュペリも作品『星の王子様』の中で、

「大切なものは目に見えない。」

と書いています。

肉体の目に映ることはまやかしが多く、
それを信じていたのでは正しい行動をとることができません。
肉体の目には決して見えない、もっとも大切なものを
心の目で見なければいけないのですが、
心の目でものを見るためには、ある程度の訓練、人生経験の蓄積
想像力、丁寧さ、人に対する優しさなどが必要となります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。