日記

心を素直にさせる魔法の言葉

男性は見栄を張ったりかっこつけたりしたがるものですが、
そのほとんどが周囲の人には見抜かれているものです。

強さを誇示する人が本当は臆病者であることも、
大きなことを言う人が本当は器の小さな人間であることも、
周囲の人にはすべてバレています。

それなのに、すべてバレていることを、当の本人だけがまったく
気付いていないというところが、まさにコメディーです。

そしてまたこの世のあらゆることが、仕事でも個人的なことでも

「裸の自分をさらけ出せた時」

にだけ、本当の意味で良い方向に向かうものです。

つまり、

「素直になる」

ということなのですが、これが人間にはなかなかできません。
良からぬ思惑や我欲、自分本位、無意味な意地などが邪魔をして
なかなか素直になることはできません。

自分自身で自分自身の人生を良くない場所に留めようとする
そんな忌々しい性質を誰もが持っているのです。

裸の自分をさらけ出し、心の中を洗いざらい披露して、
素直な気持ちで人に接することは至難の業ですが、
それをいとも簡単に導き出せる魔法の言葉があります。

「ありがとう」

このたった五文字の言葉は、
相手に感謝の気持ちを伝えるためだけに使われるのではなく、
自分自身の心を一瞬で素直にしてくれます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。