日記

心構えに応じて、相応の価値が返ってきます

芸術作品は、鑑賞者のその時々の状況や心構えが反映して、
受け取ることのできる価値の質や量が異なるところがおもしろい
ということを先日書かせていただきました。

これは、芸術作品だけではなく、この世のすべてのことに言える
と思います。

たとえば、ごはんを食べる時。

ただ空腹を満たすためだけに無表情で頬張るだけのAさんと、

「いただきます」

と心を込めて言い、一口一口味わいながら食べるBさんとでは、
同じ料理、同じ分量であっても、受け取る価値はBさんのほうが、
大きく、豊かになるでしょう。

日常生活のこと、仕事、人とのかかわりなど、人間が行うすべて
において、相手側に問題があるのではなく、すべて自分の心構え
が問題になるのです。

心を込めて丁寧に行えば、相応のものが返ってくるでしょう。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(チェレスタ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。