日記

必死な人は美しい

商談や恋愛など、いわゆる「交渉ごと」においては、
「必死さ」というのがアダとなってしまうことがあります。

必死な姿は、「余裕の無さ」として印象付けられ、
小さい人間、雑な人間、焦りや臆病さとして
受け取られてしまうからでしょう。

しかし、「必死である」ということはいけないことでしょうか。
僕はそうは思いません。

むしろ、生きるため、夢を叶えるため、関係を維持するため、
必死になって問題に立ち向かっている人の姿を
僕はとても美しいと思います。

必死のあまり、行動がバタバタして粗雑で見苦しくなる場合も
ありますが、それはそれで人間の可愛らしさであると思います。

そして、大勝負に挑むポーカーフェイスの裏側にある
心理的葛藤や必死さは人間のもっとも愛すべき部分ですね。

水上をスイスイと優雅に泳いでいる水鳥だって、
水面下では必死に足をバタつかせているものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。