日記

忘年会とお酒と創作

忘年会の季節となりました。

いつもよりもお酒を飲む機会が増えますね。

お酒は感情を増幅させる効果がありますので、
好きな人と楽しく飲むとその「楽しさ」が増幅しますし、
嫌いな人と嫌々飲むとその「嫌々」が増幅します。

好きでもない上司や同僚と飲む会社の忘年会を
苦痛がる人が多いのもそのせいですね。

また、お酒は日頃閉じ込めている感情を解放し
暴走させるちからも持っています。

いつもは物静かな人がお酒に酔うとまるで違う顔を見せ、
大声で大暴れ、などというのもよくある話ですね。

最近「危険ドラッグ」の事件や事故が増えていて、
先日もNHKスペシャルで特集されていましたが、
このような番組や外国映画で出てくるドラッグのシーンを観ると
これはお酒もまったく同じだと思ってしまいます。

アメリカではお酒はすでにドラッグと同じような扱いを
受けているようで、日本では仲の良い人とのランチでちょっと
飲んだりすることがありますが、そのようなことをすると、
アルコール中毒者とみなされてしまうそうです。

僕は北国生まれのせいかお酒は強く、大好きなのですが、
まったく飲まなくても平気です。
ウィスキーをストレートで何杯も飲んでも平気ですが、
一年以上まったく飲まずにそのことに気が付かなかったことも
ありました。

お酒に酔って仕事をするのはもってのほかと言われますが、
僕がやっている作曲など創作の仕事に関して言えば、
少しお酒が入ったほうが良いものが出来上がることがあります。

もちろん泥酔した状態で作る音楽は100%名曲になりますが、
翌朝には良いところがひとつもないゴミくずとなります。

経験上、創作にもっとも良い状態となるのは、
僕の場合はビールであればコップに半分、
ウィスキーであればほんの一口ちょっとなめる程度、
そのくらいで意識がふわっとやわらかくなって、
これから作ろうとするイメージが色付いてくる感じがします。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。