日記

急いでいる時ほどゆっくりやろう

「急がば回れ」

と言いますが、僕の経験上、急いでいる時ほど、行動の速度を
ゆっくりにしたほうが、不思議と早く完結するものです。

これは、行動のひとつひとつが「ゆっくり」というよりも、
「確実に」なるため、物事がどんどん進んでいくからです。

急いでいるとどうしても行動が速く、粗雑になりがちです。
そして大きなミスをおかして、結局は余計に時間がかかって
しまったという経験は多くの方がお持ちではないでしょうか。

「急いでいる時ほどゆっくり」

「急いでいる時ほど遠回りを」

というのはどうやら真実のようです。

また、やるべきことがたくさんある時に、一つのことを
やっていて、他のことが気になってしまい、手を止めてそちらに
取り掛かってしまう、ということもよくありますね。

しかし、これも良くありません。

どんなに他のことが気になったとしても、

「今やっていることを終わらせる」

ことを優先したほうが良いことを経験上知っています。

これをしないと、結局、あれもこれも手を付けていながら、
そのどれも終わっていない、という悲劇的な状況に陥って
しまうでしょう。

これも上述した、

「急いでいる時ほど遠回りを」

に通じるものがあるようです。

やはり、

「敵は自分自身の心」

ということなのでしょう。

今日の音楽

決闘/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。