日記

恋か愛か

うれしはずかし思春期には、

「恋よりも愛のほうが強い。」

だとか、

「あの人を想う気持ちが恋から愛に変わった。」

などと熱く語り合っては無駄に時間を浪費していたわけですが、
今にして思えば、恋も愛もまったく同じものであって、
それはただ「好意」というものに
勝手に名前を付けていたに過ぎず、実はもっとシンプルに

「好きか嫌いか」

だけなのだと思います。

色に濃いと薄いがあるように、好意にも濃い薄いがありますね。

社会的には負とされていて、
他の多くの人にとっては嫌がられてしまう部分、
たとえば、時間にルーズだとか、世渡りが下手だとか、
相手のそんなところをこの世の中で自分だけは好き、
と言えるほど強いことはありませんね。

他の誰でも好きなところを自分も好きなのは当たり前で、
重要なのは、相手の欠点を好きに思えるかどうかなのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。