日記

恋と仕事は同じ

恋と仕事は似ているなと思うことがあります。

僕がやっている会社はとても小さいため、
営業も社長である僕自身がやらなければいけない状態なのですが
特に営業活動においてはことさらにそう感じます。

ファーストコンタクトから面会の約束を取り付けるのは、
好きな人をデートに誘って承諾してもらうことと似ていますし、
初対面でいきなり自分の商品を売り込もうとするのは、
初デートでいきなりベットに誘い込もうとするのと同じです。

その気がなかった相手にでも根気強く「好き」と言われ続ければ
いつの間にかその相手に好意を抱くようになるのと同じように、
営業も何度か断られても諦めずに粘り強く交渉していると
そのうちにご注文をいただけたりします。

商品やサービスを一瞬で気に入って購入してしまうのは、
恋においての「一目惚れ」と同じですし、
最初はあまり気に入らなかった物でも使っているうちに
愛着が湧いてくるというのもまた恋の喩え話のようです。

営業の世界では、

「モテないやつは売れない。」

とまで言われているようで、
恋も仕事も同じであることを証明していますね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。