日記

悔しさや怒りを有効活用するには

悔しさや怒りという感情も、使い方によって有効活用することが
できます。

悔しさや怒りといったネガティブな感情は、いつ何をしていても
心を捕えて離さず、それはそのような感情に

「支配されている」

状態であり、その状態で行動すると思わぬミスを犯し、大きな
トラブルを招いてしまうものです。

そのような感情に支配されるのではなく、逆に

「支配する」

ことを心がけると良いでしょう。

具体的にどうすれば良いかと言いますと、たとえば、平常心で
行動していて、あともうひと踏ん張りの力が欲しいところなのに
どうしてもその力を出せないような時、そのタイミングで、
悔しさや怒りの原因となっていることをイメージしたり、
ライバルの顔を思い浮かべたりしてみます。

そうすると不思議なことに、最後のひと踏ん張りのための力が
どこからともなく湧いてくるでしょう。

今日の音楽

あきらめない者たち/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。