日記

悪い予感ほどよく当たる

良い予感というものははずれることが多く、
悪い予感ほどよく当たるものです。

人間は「期待」をさも「現実」のように錯覚してしまい、
それが「良い予感」となって胸の中に湧き起こるのですが、
当然のことながら期待は期待であって現実とは程遠いものです。

そして悪い予感もまた同じで、心配事がたったひとつでもあると
まるで世界の終わりのような陰鬱な気持ちに襲われ、
臆病さや不安からくる不注意によって歯車が狂い、
実際の悪い出来事を自ら招いてしまいます。

神様から見たら人間は自分で勝手に良い方向に進んだり、
悪い方向に転がったりしているように思うことでしょう。

「悪い予感がする時はすでにそれが始まっている」

という言葉がありますが、ひとつのネガティブな「空想」が、
現実の不運を招いてしまうものですので注意が必要です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。