日記

悪徳のススメ

不良、悪徳、悪いことは、
人間にとって大きな魅力である場合があります。

もちろんいつだって、人の道に外れることなく、善行、勤勉、
真面目、健康、清潔に気を付けて生きていきたいものですが、
そればっかりでは息がつまってしまうでしょう。

生きているとストレスを抱えることがたくさんあるのです。

その解消には、

「悪いことをする」

のがもっとも手っ取り早いですね。

暴飲暴食、ヤケ食い、糖分の過剰摂取、脂肪分の過剰摂取、
アルコールの過剰摂取、弱い者いじめ、いたずら、悪口、
物理的破壊行為など、「良くないこと」をすると、
自らの中の悶々とした気分が破壊され、胸がスーとします。
みんな覚えがあるでしょう。僕もあります。

そして、それが行き過ぎると犯罪が生まれます。
日々ストレスを抱えている現代人は、みんな
「犯罪者予備軍」と言っても良いでしょう。

「良い子になりなさい」

こうやって育てられた子供の多くが、

「良い子の仮面をかぶった悪い大人」

になってしまうのはなぜでしょう。
ストレスの上手な解消法を学ばなかったからですね。

いたずらを企んでいる子供たちの目が
キラキラと美しく輝くのはなぜでしょう。
それがとっても楽しいからですね。

悪徳を避けるのではなく(人前では避けていても、どうせ隠れて
こっそりやってしまうのに決まっているのですから)、
もっと積極的に、上手に、生活の中に取り入れてみましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。