日記

悲恋が女を美しくさせる

人の心の奥底には、悲しい恋、思い通りにならない恋に憧れる
という不思議な傾向があります。

いやいやそんなことはないよ、
恋がうまくいくに越したことはないじゃないの、
とおっしゃる方、それはもちろんその通りで、
楽しい恋、幸せな恋は素晴らしいに違いはありませんが、
もっと心の奥深くでは、逆のことを望んでいるものです。

恋がうまくいかずに泣いたり、怒ったり、
そういうものが生きている実感につながることがあります。
涙もまた「恋の悦び」のひとつであると言えるでしょう。

人は簡単に手に入るものには魅力を感じないものですから、
ありきたりのそこそこ幸せな恋よりも、
感情を激しく揺さぶる悲恋のほうが生き生きとさせてくれます。
無意識のうちに心の奥底でそれを求めているのかもしれません。

特に女性はこの傾向が強く、悲恋が自分自身にもたらしてくれる
美容的効果を本能的に知っているかのようです。

たしかに、「今、幸せかい?」と尋ねて、
「うん、幸せよ。」と答える人は明るくて健全ですが、
「そうですか、それは良かったですね。」で終わってしまい、
あまり色気を感じることはありません。

しかし、つらい恋をしている人は、全身で恋を生きていて、
人を恋する美しさが身体中からほとばしり出ていて、
素晴らしいエロスを感じさせてくれるものです。

「美しい人はいつも不幸せな恋をしている。」

という先人の言葉はどうやら本当のようです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。