日記

悲観と楽観を使い分けよう

「物事に取り掛かる前は悲観的に。
 実際に取り掛かる時には楽観的に。」

という言葉が好きで肝に銘じて生きています。

人間は後先考えずに物事を始めてしまい、そしてそれが暗礁に
乗り上げると、良くないほうへ良くないほうへと考えて、
頭を抱えてしまう生き物ですので、まさにこの言葉とは
まったく逆のことをやっていることになりますね。

いざ何か新しいことを始めようという時には、
しっかりと計画をし、頭の中でシミュレーションを重ね、
どんな結果となっても良いように準備しておく必要があります。

そして、いざ始めようとなった時には、
大いなる勇気をもって踏み出しましょう。

その結果、なかなかうまくいかず暗礁に乗り上げた時には
(必ず暗礁に乗り上げるものです)、その時にこそ
「楽観」の出番です。

「何とかなるさ。」

という大きな気持ちで、ひとつひとつこなしていきましょう。

焦りは、良くないものばかりを引き寄せてしまうでしょう。
逆に余裕(本当は余裕がなくても余裕があるフリをするだけ
でも)は、良い解決策を見つけるきっかけとなるはずです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。