日記

悲観的に準備をし、楽観的に行動しよう

「こんなはずじゃなかった」

こんな風に思った経験は誰もがお持ちでしょう。

そして、トライすることの90%以上が失敗し、
この言葉につながるのもごく普通のことです。

どんなに事前準備を完璧にやったと思っても、実際に事に当たり
その結果を目の当たりにすると、予想外の失敗が発生していて
強く打ちのめされるものです。

「こんなはずじゃなかった」

行動のほとんどがこの落胆の言葉にたどり着きます。

しかし、重要なのはむしろそこからです。
ひとつ失敗してそこでやっと本当のスタート地点に立つことが
できたと言えるでしょう。

失敗の原因を分析し、改善策を講じ、再びトライするのです。

もちろん、次も失敗する可能性が高いでしょう。
しかし補正をしながら何度も何度も繰り返すのです。

一度の失敗で怖くなってしまうこともありますね。
心理的に次のトライができなくなってしまうのです。

トライと失敗、補正と再トライを繰り返すにあたって、
僕がいつも心に置いているのが、

「悲観的に準備をし、楽観的に行動する」

ということです。

今日の音楽

禁じられた踊り/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。