日記

悲観的に準備をする

世の中に「絶対」ということはないのですから、
どんな状況に陥っても幸せに生きていけるように、
日々精神を鍛えておかなければいけません。

世界的に有名なある企業の社長さんは、

「楽観的にアイディアを出し、悲観的に事前準備をし、
 そしてまた楽観的になって実行する。」

というようなことをおっしゃっていました。

アイディアを出す時や、
エネルギッシュに行動しなければいけない時には、
イマジネーションや行動力を爆発させることが必要になりますが
この言葉の中で特に重要な部分は、

「悲観的に事前準備をする」

という部分です。

これは言い換えますと、

「あらゆる場合を想定して綿密に準備をしておく」

ということです。

まさに「備えあれば憂いなし」の状態を
いかに構築できるかということになりますね。

「最悪でもこんなことにはならないだろう。」

と思うようなことまでしっかり盛り込んで計画しなければ
いけません。

そんな風に考えていたことを超えるくらいに最悪な事態が
起きてしまうような世の中です。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。