日記

意識して負荷を受け容れましょう

AさんとBさんが全く同じ環境で、全く同じ行動を取った時に、
結果が違ってくるのはいったいなぜでしょう。

それは「意識して行動したか」ということなのだと思います。
ふんわりした表現で言うのなら「心を込めて行ったか」どうか。

以前NHKのスペシャル番組で、松田美由紀さん(松田優作さんの
奥さん)がこうおっしゃっていました。

「優作はね、意識するかしないかが最も重要なことだと
 言っていました。たとえばね、コップに水が注がれていて、
 それをただ何となく飲むのと、ああ、美味しい、と思って
 飲むのとでは、かなりの差があるんだって。」

「心を込める」というのは思っている以上にエネルギーを
消費するものです。何も考えずに淡々と行動するほうが、
心にも身体にも負荷がかかりません。

しかし、楽器の練習やダイエットなどでもそうですが、
負荷がかからなければ進歩することはありません。
負荷を受け容れて、それを乗り越えた先に成長があります。

つまり何事も、負荷を受け容れて心を込めて行わなければ、
大した結果が得られないのですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。