日記

意識的に鈍感になる

「心を鍛えたい」

といつも思います。

仕事のことでも、日常生活のことでも、上手にできない場合や
思わぬ失敗をしてしまう時は、技術不足というよりも、
心の弱さが原因であることがほとんどだからです。

それをするだけの能力が有りながらできない時があります。
そんな失敗をするはずはないのにしてしまう時もあります。

人間の心は脆いもので、ちょっとした隙間があると
そこからあっという間に崩れ去ってしまいます。

つまり、多くの不運や失敗はすべて、
外的要因によるものではなく、
自らの心が原因であることが多いですね。

しかしながら、心というものは不思議なことに、

「自分のものなのに、思い通りに操るのが難しいもの」

ですので、その訓練はなかなか困難です。

痛みや恐怖をある程度受け入れる強さと柔軟さを持ち、
次々と襲い掛かってくるトラブルや悲しみに、
思考や行動が乱されないようにしなければいけません。

そのためには、意識的に心の一部分を麻痺させる訓練が
必要になります。

「意識的に鈍感になる」

とでも言いましょうか、自分にとってマイナスな情報が
インプットされても、思考と行動が乱されないような技術を
訓練によって磨いていかなければいけません。

なかなかできないですが。。。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。