日記

感情を抑え込んで密度を高める

昨日、いつもお世話になっている素敵な方々と
久し振りに集まってお話をする機会がありました。

表現者の「引きの匙加減」についての話になりました。

映画でも音楽でも絵でも文章でも、
「抑制の効いた」という褒め言葉があります。

たとえば、映画に関して言いますと、提供する側(監督や俳優、
撮影や音楽の人など)が、悲しいシーンだからと言って、
自らの表現の中で悲しさを暴走させてしまっては
とてもつまらないものとなってしまいます。

なぜなら、悲しさを暴走させて良いのは、
その作品を受け取る側(観客)だからです。

人間の心は、たとえば悲しみから涙に変わっていくような時、
悲しいのをがまんしてがまんして、涙をこらえてこらえて、
やがて抑えきれなくなって号泣へと至ります。

この一連の流れを踏まえた時に、作品を提供する側の役割は、
「がまんしてがまんして、こらえてこらえて」のところまで
ということになりますね。

その先にある「抑えきれなくなって号泣へと至る」という部分は
完全に観客に委ねられることになります。

たとえば、スクリーンの中で女優が大声をあげて号泣しても、
観客は興醒めして白けてしまいますし、
悲しいシーンで、オーケストラによる悲しげな旋律を、
これでもかというくらい朗々と鳴らしても、安いメロドラマ
のようになってしまい、心に残る悲しみは表現できません。

つまり、表現者の仕事というのは、

「感情を抑え込んで密度を高める」

ということになりますね。

そして、その後にやってくる感情の爆発・暴走は、
観客に任せる勇気を持つことが必要になります。

とは言っても、あまり「引き」過ぎると、
今度はかえって不親切になってしまい、何を伝えたいのか
まったく分からないものになってしまう恐れがあります。

そこで、表現者の「引きの匙加減」がセンスの良さとして
判断されることになるというわけです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。