日記

成長し続けるには初心が必要

物事を新しく始めた時の新鮮な気持ちが、良い結果をもたらして
くれるのを経験として知っていらっしゃる方も多いと思います。

「ビギナーズラック」という言葉がありますが、これはあらゆる
ことに当てはまり、最初は誰でもある程度上手くいくものです。

そしてしばらくして、やり方に慣れてきたり、なまじ技術が向上
したりすると、たちまち行き詰まり始めます。

これは、次なる段階に上がるためには、避けては通れない壁なの
ですが、このように、最初は上手くできていたのに、慣れたり、
技術が向上した途端にできなくなってしまう要因は何でしょう。

「初心忘るべからず」

と言いますが、この「初心」というものの威力は絶大です。
その中身は、素直な気持ち、前向きな気持ち、不安よりも期待の
ほうが大きい状態、ストレスのない状態などの集合であると
言えるでしょう。

慣れて、技術が向上してから壁にぶつかった時には、
「初心」を意識的に自らの心にセットできると良いですね。

あれこれ難しいことを考えず、感覚的に「良い」と思うことを、
疑わずに、素直な気持ちで手掛けてみる、ということです。

技術のどの段階においても、常に「初心」を自らの心に設置でき
るかどうかが、成長していくためには必要なことです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。