日記

手に触れるものから

自分の身のまわりを改めてよく観察してみますと、
様々なものが様々な距離感で存在していることに気が付きます。

好きなこと、できれば避けたいこと、楽しいこと、悲しいこと、
ずっと前からくすぶっている問題、目標、夢、思い出など
たくさんのことが宇宙の星のように散らばっています。

まず両腕を大きく広げて伸ばしてジタバタしてみましょう。
その時に手先や腕など身体に当たったものが、
自分の今の能力でできることです。
それらの中に今やらなければいけないことがあったら、
迷わず今すぐにやりましょう。

思いっきり腕を伸ばしてジタバタしてみても、
あとちょっとで届きそうなのに届かなかったものもあります。
それらは今はできません。
先述した「今触れられるもの」の中の「やるべきこと」を
しっかりやった後にできるようになります。
今まで届かなかったものに、
少しずつ触れられるようになるのですね。

そして、ずっと遠くで輝いている一つの星があります。
それは、夢や憧れ、果てしなく大きな目標です。
その星に想いを馳せながら、今、手に触れるものをしっかり
やっていると、いつかその星に手が届く日が来るでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。