日記

手帳に書いた夢は叶う

新しい年が始まり、早くも半月が過ぎました。
2015年度版の手帳にも馴染み始めた頃ではないでしょうか。

手帳は予定を記入するだけではなく、人から聴いた有益な情報や
心に響いた言葉を書き留めておいたり、夢や目標を書いたりする
こともできますね。

「手帳に夢や目標を書き込むと、もう叶ったも同じ」

という言葉があります。

書くことによって意識下に夢や目標の存在がセットされ、
そのことがいつも頭に付きまとうようになり、
実現に向けて行動が自動的に洗練されてくるというのです。

まず「思わない」よりは「思う」ほうが良いですので、
頭の中に夢や目標を思い描くことは大切です。

しかし、思い描いただけではなかなか叶うことはありません。

自分の手を使って言葉として書き、その瞬間の気持ちの印象を
身体で感じることで、ようやく行動が呼吸をし始めます。

そして、書いたものを日々、目で見て刷り込むことによって、
次第に行動がそちらに引き寄せられてきます。

「夢や目標の実現には程遠い行動」

から

「夢や目標の実現に適った行動」

に矯正されてくる感じですね。

手帳に書くだけで夢が叶うなんてそんなこと、と疑う方は、
騙されたと思ってぜひお試しください。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。