日記

手法が先か、想いが先か

音楽を作っていますと、

「こういう想いを表現したいのだけど、どうしたらいいかな」

と思うことが頻繁にあります。

まず表現したい想いが先にあって、あれこれ空想し、
その空想を現実のものとするための手段を考えます。

手段は、これまで先人たちが作ってくれたもの、いわゆる
楽器の選び方、旋律の運び方、ハーモニーの付け方など
多種多様な方法がすでに存在していて、そこから「選ぶ」ことで
空想をかたちにしていくための試行錯誤をします。

良い手法が見当たらない場合は、自分で手法作りから始めます。
(多くの場合、どんな表現手法もすでにこの世に存在している
もので、ただ単に勉強不足で気付かないだけなのですが。)

これは、表現したい想いが「主」で、手法が「従」となり、
創作におけるもっとも基本的な姿勢であると言えるでしょう。

そして、その逆もあります。

まず、手法を選びます。
すなわち、特別な想いが無いままに、楽器を選び、旋律を作り、
ハーモニーを組み立てます。
そうすると目の前にある程度かたちになった表現が現れますので
あとはそこから何かを感じ取って、目指すべき方向に
修正を加えていく作業となります。

この場合、短時間である程度のかたちになりますので、
依頼された仕事の時には効率の良い方法となりますが、
「創作」というニュアンスから少し離れて、
「作業」という色彩が強くなってしまう傾向があります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。