日記

打楽器の魔力

音楽を作る時にいつも気を付けているのは
打楽器の使い方です。

打楽器はたった一音鳴らしただけで、
音楽の世界をガラリと変える圧倒的な力を持っています。

たとえば、どんなに深刻なハーモニーが流れていても
ウッドブロック(木魚)をひとつ叩けば、
聴衆の頭にはたちまち滑稽なイメージが広がります。

物哀しい北欧風のメロディーが流れているところに
ヴィブラスラップ(『水戸黄門』のカーッという音です。)が
鳴ると、たちどころに演歌の旋律に感じてしまうでしょう。

「安易な効果音楽器」

と言ってしまえばいささか語弊があるかもしれませんが、
打楽器はお料理のスパイスと一緒で、あまり多用すると
音楽そのものの味を壊してしまいますので注意が必要です。

「ここにあと一味、隠し味が欲しい!」

という時にさりげなく使用すると良い効果を生むことでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.