日記

捨てることから始まります

あらゆる物事は、捨てることから始まると言って良いでしょう。

何か一つを選ぶということは、それ以外の他のすべてを捨てる
ということです。

どれを選んでも良かったのに、考えて考えてある一つのものを
選択する時、同時に他のことを全部捨てているのです。

また、捨てることで「余白」が生まれ、その余白が、
力を注ぐ一点への集中力を高めるでしょう。

余白は「余裕」と言っても良く、余白(余裕)のない、
ギスギスした行動は、遅かれ早かれ破綻するでしょう。

こうして考えてみますと、

「人間の生活においては、捨てることが最も重要である」

ということが分かります。

しかし、手に入れたものを手放す時には少なからず痛みが生じる
ため、なかなか実践することは困難です。
そのままダラダラと「捨てずに放置」を続けることになります。

「捨てないのであれば意識を向ける。
 放置するのであれば捨てる」

ということを徹底したほうが良いですね。

今日の音楽

蜃気楼/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。