日記

教わっても身につかない

物事というのはどんなことでも、
人から教わっただけでは自分でできるようにはなりません。

僕は作曲のやり方や美しい音源の作り方、営業のやり方などを、
「ぜひ教えてほしい」とご連絡をくださった方たちに、
出し惜しみすることなく、すべて教えてしまいます。
僕が自分で試行錯誤をしながら何年もかかって考え出した方法も
すべて詳しく教えてしまいます。

「そんなことまで教えてしまって、
 ご自身の仕事にマイナスになるのではないですか。」

とご心配いただいたりするのですが(笑)、
そのような心配はご無用です。

なぜなら、どのようなことでも、
教材で学習したり、先生に教えてもらったりしても、
自分の体を使って経験を積まなければ身につかないからです。

作曲講座で作曲のノウハウを知ったからといって、
今日すぐに作曲家になれるわけではありませんし、
「絶対儲かる投資セミナー」などというものに参加して、
投資の方法を学んだからといって、
すぐにお金持ちになれるはずはありません。

自転車の乗り方について書かれた本を100回読んでも、
自転車には乗れないでしょう。
実際に自転車にまたがって恐る恐るこぎ出し、
何度も何度も転びながらやっと乗れるようになります。

その他のことでも全く同じで、自らの体を使いながら、
多くの失敗とほんの少しの成功を積み重ねていくことでしか、
何事も実現することはありません。

人生には「死」という名のタイムリミットがあります。
そして、「経験を積み重ねていく」ことには時間がかかります。

つまり、限られた時間の中で何かを成し遂げるためには、
あれにもこれにも手を出していたのではいけない。
そんなことをしていたら、結局何も実現しないまま
一生を終えてしまうということになってしまいます。

まずはこの世の中にあるたくさんのものの中から、
自分にぴったりな、一番好きなものをひとつ選びましょう。
(これすらとても難しいことに気付くことでしょう。)

そして、無事に選ぶことができたら、それに身を捧げましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。