日記

日本映画復興会議

お世話になっている映画プロデューサーにご招待いただき、
日本映画復興会議に参加いたしました。

この日本映画復興会議というのは、
映画産業の発展を目指して定期的に開催され、
今年で50周年という長い歴史を誇るものです。

会の冒頭では、日本大学映画学科教授の田島良一さんや
伊丹十三監督の映画『お葬式』の製作などで知られる
映画プロデューサーの岡田裕さんによる日本映画の歴史と現状
に関するお話を聴くことができ、とても有意義な時間でした。

僕が音楽を作らせていただいた映画『アンダンテ ~稲の旋律~』
が今回、2010年度の日本映画復興賞をいただきまして、
金田敬監督、原作者の旭爪あかねさんに
久し振りにお目にかかることができてとても嬉しかったです。

俳優の仲代達矢さんや新藤兼人監督、山田洋次監督も
会場に見えられ、それはそれは素晴らしい会となりました。

受賞されました、仲代達矢さん、加藤周一さん、
太田直子監督、川口浩史監督、下村優監督、故橘裕典監督、
新藤兼人監督、山田洋次監督、そして山田和夫さん、
まことにおめでとうございました。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。