日記

映画『アンダンテ 稲の旋律』

今朝、お仕事をしていたら、
いきなりたくさんの方からメールが届き、
一体何事だろうと思ったのですが、
どうやら僕が2年前に音楽で参加させていただいた
映画『アンダンテ 稲の旋律』が、六本木のとあるイベントで
上映された風景がフジの『めざましテレビ』で紹介されたらしく
そのことをご報告いただく内容だったのです。

ひとつの作品を通して、
このように嬉しいご報告やお言葉をいただけるのは、
作曲家にとってとても幸せなことだと思います。
皆さんありがとうございました。

映画『アンダンテ 稲の旋律』は、2年前に完成した作品ですが、
現在でも日本のあちこちで上映されている息の長い映画です。

僕にとっては初めての長編映画でしたので、
個人的にも思い出深い作品となっています。

今年も実りの秋となりました。

皆さんのお近くでこの映画が上映される機会がございましたら、
ぜひご覧いただければ幸いです。

映画『アンダンテ 稲の旋律』上映スケジュール

↓こちらもどうぞよろしくお願いします~
オリジナルサウンドトラック <ピアノ曲集>

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。