日記

時間のものさし

「今できることをやる人だけが、
 今できないことをやれるようになる。」

という言葉を聞いたことがあります。

これは言い方を変えると、

「多くの人は今できることをしない。」

ということになりますね。
怠惰な性格の僕にもじゅうぶん身に覚えがあります。

人間は誰でも「今できること」しかできないはずなのに、
つい背伸びをして無謀な行動をとってしまったり、
堕落に陥って「いつでもできるのだからそのうちやるさ。」と
結局いつまでたってもやらないで終わることになります。

小さな積み重ねこそが大きな結果を生むと誰もが知っていて、
至るところで注意されたり再認識させられたりするはずなのに
それでもなおやろうとしないなんて、人間とは愚かなものです。

時間というものさしがあります。
これはすべての人に平等なものさしです。
(命の長さのことではなく、1秒の重さということ。)

このものさしをうまく操って自分の怠惰を是正したいものです。
つまり、今できることをまずリストアップして、
それをたとえば、「一日一回これこれをする」というように
時間のものさしの上に乗せてこなしていきたいものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。