日記

時間を売買する

仕事というものは、時間を売買する行為だと言えるでしょう。

この世のどんなことも、誰でも、やろうとさえ思えば、
どんなことだってできるはずです。
時間をかけさえすれば。

しかし、時間は有限であり、もっとも貴重なものです。
自分にとって大切なことから順に時間を使っていきたいと
誰もが思っています。

そこで「仕事」が生まれます。

たとえば、Aさんがあることをするために4時間かかるとします。
Bさんはそれが得意なので、1時間でできます。

BさんがAさんに、それを

「2000円でやってあげますよ」

と仕事を打診します。

時給1000円で換算すると、Aさんは本来4000円かかる手間を、
2000円で実現することができますし、何より自分よりも得意な
Bさんにやってもらったほうが質の面でも良い結果を得られるに
決まっていますし、他にもプラスアルファの付加価値を得られる
可能性もあります。

Bさんにとっては、1時間でできる作業を2000円で販売する
ということは、1000円分の余剰(儲け)を得られることに
なります。

つまり、AさんにとってもBさんにとっても
嬉しい取引となります。

そういう理由で、Bさんは自分の仕事の範囲をできるだけ狭くし
その狭い範囲の中で技術を上げ、コストを下げることを考えた
ほうが良いということになります。
1時間でできることを40分できるようになればもっと儲けが
大きくなるでしょうし、技術が上がれば安定感や付加価値の
ところも底上げされるからです。

「時間はお金では買えない」

という言葉がありますが、仕事をそのような視点で見た時、
時間はお金によって売買されています。

今日の音楽

花雫/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。