日記

暑い季節をどうやって過ごそう

身体中が常に高熱を発しているような体質で、握手をすると

「すごくあったかいですね。」

と言われることが多く、(手の温かい人は心が冷たいと言われ
ますが、その話は置いておいて。)また、極度の汗かきのため
この梅雨~秋雨の時期は一年でもっとも苦手な季節です。

北国生まれのせいか、冬はどれだけ寒くても耐えられます。
空気が冷たいとむしろ頭がすっきりして気持ち良いくらいです。

これからの数か月をどうやって過ごそうかと
いつも憂鬱になりますが、まずは「外出をしない」と
決めてしまおうかと思っています。

【晴耕雨読】という言葉がありますが、晴れの日は畑に出て、
雨の日は家で読書を、というのになぞらえて、
暑い日は外に出ないと決めてしまったほうが、
自然なのかもしれません。

外国人の「バカンス」と同じ意味合いです。
(僕は仕事をするのですが。)

それとも、全く逆に心を決めて、

「暑い夏にこそどんどん外に出る。」

としてみるのも良いかもしれません。

日々の仕事の特性から、いつも室内にこもることが多い自分
ですから、これまで感じたことのなかった
夏の楽しさや美しさを発見できるかもしれません。

どのような方法を選んでも良く、まずは自分のスタイルを定め、
季節を楽しむ方向で自分の気持ちを整えていきたいと思います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。