日記

未来ではなく過去を想う季節

先日までの蒸し暑さが一気に消え、突然秋がやってきました。
このような時には体調を崩しやすいですので、
皆様どうぞ気を付けてお過ごしください。

空気が冷たくなるにつれ、
僕たち人間の心には、「寂しさ」が居座るようになります。

何をしていても、仲間とわいわい群れていても、
心はどこか寂しくて、あたたかい何かや誰かを求めますね。

けものたちが冬眠に入る前には、
同じような気持ちになるのではないかと思っています。
秋はこの世のすべての動物にとって寂しい季節なのでしょう。

この季節は、日々の仕事や雑務をする傍ら、
自分を見つめ直すのにも最適です。
空気の冷たさが、意識を外側から内側に向けるからでしょう。

これまでの人生を振り返ったり、懐かしい人との思い出を
回想したり、そういうことに時間が過ぎていきます。

未来のことはまだ考えません。
先のことを考えるのは、冬に入ってからです。
ちょうど、けものたちが大地の布団の中で春の夢を見るように。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。