日記

本当に「得る」ためには

僕がいつもお世話になっている方が今日仕事のミーティングで、

「わたしはこれまでたくさんインプットしてきたけれど、
 これからはアウトプットしようと思うの。」

とおっしゃったのを聴いて、素晴らしいなと思いました。

以前何度か書かせていただきましたが、
本を読んだり、誰かの話を聴いたり、セミナーに参加したり、
そうやって得られるものは実は、

「得られたと思い込んでいるだけ」

ということが多いものです。

本当に「得る」ためには、自分の身体を使って行動を起こし、
そこからの経験の積み重ねをするしか方法はありません。

インプットをしていると、それだけで安心してしまうものです。
この「安心」が実はものすごく危険で、そこから先、
行動を起こすことなく、何となく満足感を得て、
それだけで終わってしまうからです。

本当に大切なのはそこから先です。

得た知識を実際に自分の手足を使って実践してみましょう。

本を一冊読むよりも、10分間行動してみるほうが、
得られるものは大きいことに気が付くでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。