日記

梅雨のラストシーン

今年の梅雨は、思いがけず乾燥した日が多かったですが、
後半になってようやく梅雨らしい雰囲気になりました。

僕の部屋には楽器や音楽の機材がたくさんありますので、
湿気の除去が必要になり、除湿機の稼働は欠かせません。

部屋の湿度が下がるだけで、体感温度が下がり、
涼しくなったように感じるので不思議です。

「暑い」

というのは、

「湿っている」

と密接に結びついているのだと思い知らされます。

しかしそんな梅雨の季節も、もう間もなく終わるでしょう。

心理的に苦しまれる方が多いと言われる憂鬱の時期も終わります。

ギラギラ楽しい真夏の到来です。

冬の大好きな北国生まれの僕にとっては、
夏こそ「憂鬱の季節」なのですが(笑)。

今日の音楽

美しい雨(バージョン3)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。