日記

楽なほうへ楽なほうへ

僕は意思が弱く怠惰な性格のため、放っておくと
楽なほうへ楽なほうへと突き進んでしまう傾向があります。

これをするかしないか、これをするかそれともあれをするか
という二者択一を迫られた時、できるだけ楽なほうを
選んでしまう自堕落な人間です。

しかし、多くの場合、人生を前に進めるため、
自分を成長させてプラスの方向に進むためには、
楽ではないほうを選ぶ必要があります。

困難や苦痛を受け容れて、それを乗り越えた人だけが
手に入れられるものがあります。
いばらの道の向こうにこそ幸せがあるのです。

自分の器に楽々収まる範囲でしか行動しなければ
成長することはできませんし、自分の器の大きさを超えて
危険をおかし、挑戦し、苦しみに苦しみ抜かなければ
自分の器の許容量を大きくすることもできませんね。

そうと分かっているのなら、楽ではないほうを無理にでも
選択しなければ、幸せはどんどん遠のいてしまうでしょう。

「楽をして幸せになりたい。」

というのは無知な者の虚しい言葉です。

あまり難しく考えず、幸せになりたいのであれば、
楽ではないほうを選べば良いだけなのですが。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。