日記

欠点を直すにはまず諦めよう

自分の欠点というのは、自分が一番よく分かっているものです。

しかし、それを認めたくないために見て見ないふりをしたり、
言い訳をしたり、酷い時には逆切れして相手を攻撃したりする
ことさえあります。

なぜこういうことになってしまうのでしょう。

それは、欠点を認めるというのは、苦しくて、痛くて、
悔しいからです。

自分の至らなさが明確になるのですから、当然ですね。

しかし、人は

「成長したい」

と思うもの。

そのためには、欠点の克服を避けては通れません。

このジレンマに延々と苦しむことになるわけですが、
一歩先に進むために、

「諦める」

ということを自分に課してみてはいかがでしょうか。

駄目な自分を潔く認めて、反論したり言い訳したりすることを
諦めるのです。
諦めて、素直になって、自分の駄目さを深く味わいます。

そして、欠点を克服するために必要な具体的なことを、
たとえそれが自分の意にそぐわないことであったり、好きでは
ないことであったとしても、自分の我儘を諦めて、
とりあえずやってみるのです。

やってみて失敗したとしても、

「ほれ、みたことか、やっぱりこうやってもだめじゃないか」

などと怒ったり攻撃したりする自分を諦めて、

「それでは別の方法を」

とやり方を変えていく前向きさを持ちたいものです。

以前の自分は駄目だったわけですから、新しくやることは全部
以前やっていたことよりもマシなはずなのですから。

諦めることで自分自身が解放され、身軽になって、
前方に羽ばたくことができるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。