日記

歌の神様が与えてくれる奇跡

好きな歌のどこが好きかと訊かれますと、
この歌詞です、とか、ここのメロディーです、
などと答えることが多いと思いますが、
歌詞でもなく、メロディーでもなく、
歌声の「よじれ」や「かすれ」が心地良く感じられ、
そこが好きですというようなことがあります。

おそらくそれは意図的に生み出されたものではなく、
レコーディングの時に偶然訪れたハプニングのようなもので、
まるで歌の神様が与えてくれた奇跡のようなものです。
(もちろん日々の厳しい訓練なしにはこのような奇跡は
決して訪れるものではありません。)

その「ノイズ」に近いニュアンスを採用するか、
それともNGにして録り直すかは、
ディレクターのセンスにかかってきますね。

切ない歌詞のところで声がかすれ、
そのかすれ方が神憑っていた時、
聴く者の心に大きな感動を引き起こします。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。