日記

歩き方が美しい人

人の性格や気持ちは行動に表れるということを、
以前も書いたことがありますが、
それは特に「足音」において顕著だと感じています。

ドタドタと激しい音をたてて歩く人は、
仕事も乱暴で雑なものですし、
無意識のうちにズーズーと足を引きずるように歩く人は、
だらしない生活を送っているものです。

駅などでエレベーターに乗っていますと、急ぐ人のために
片側を空けてみんな並んでいますが、そのお急ぎ用のスペースを
ガツガツとものすごい音を立てて上り下りする人がいて
驚きます。(女性に多いのはなぜでしょうか。)

美しい人は例外なく、歩き方がとてもきれいです。
しっかり足を上げて一歩一歩丁寧に歩き、
足を地面に降ろす時にも心がこもっているかのように静かです。
そのような動作を意識的にやっているのではなく、
ごく自然にやっていらっしゃるのだと思います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。