日記

気になることを気にしない

この世でもっとも難しいことは、

「気になることを気にしない」

ことであると僕は思っています。

そしてこのことが原因で、多くの良くないことが発生するのを
自分自身でも実感することがたくさんあります。

何か行動を起こすとそれに伴って結果が生じますが、
「行動」という部分では、人間の意志と力が働きますので、
全力を尽くして事に当たる必要がありますし、思いのままに、
精魂を込めることができます。

しかし、「結果」という部分は、
僕たち人間の力ではどうすることもできません。
それは神様の領域であり、僕たち人間がいくらジタバタした
ところでどうにもできるものでありません。
僕たちにできるのは待つことくらいです。

ところがこの「待つ」という段階において、
その結果がとても気になってしまうのが人間というものです。

そして、気になって気になって、どうしようもなくなると、
物事は良くない方向へと進み始めます。

まず、そのことに思考が束縛されて、次の行動に集中できず、
「心ここにあらず」状態になり、行動が疎かになります。
自ずからその結果は良くないものとなるでしょう。

また、強いストレスをずっと抱えている状態が続きますので、
健康にも良くありません。
身体をこわしてしまうでしょう。

「気にしない」

ということがすんなりできたらどんなに良いでしょうね。

そのためには、

「ここまでは人間の領域(行動)、
 ここからは神さまの領域(結果)」

と明確に線引きをすると良いでしょう。

「人事を尽くして天命を待つ」

これがすべてなのですが、これがとても難しいのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins
Error: No posts found.