日記

演奏家はもっとアピールを

仕事柄多くの演奏家の方に接するのですが、
素晴らしい演奏技術を持っているのに、
なかなか芽が出ないという人がたくさんいらっしゃいます。

優れた演奏技術を持っていることはとても大切なのですが、
そのことをしっかり伝えることができなければいけません。

「僕の演奏は良いですよ。」

と堂々とアピールできなければいけないのです。
演奏の内容でアピールすることはもちろんですが、
プロフィール資料や言葉でもしっかり伝えなければいけません。

僕がこれまで見てきた経験から申し上げますと、
演奏の上手い人に限ってそういうことが苦手である、
ということがとても多いように思います。

時には多少のハッタリをかますくらい自分をアピールするという
強い「欲」がないとなかなか難しいですね。

芸術・芸能の世界で成功している人というのは、
自分の売り込みにおそろしいほど貪欲です。

控え目にやっていたのでは、相手に伝わらないどころか、
他の貪欲な人たちにすべてをかき消されてしまうでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。