日記

無駄ではない無駄

誰もが1日24時間しか持っていませんので、
時間を有効に使おうとするとどうしても「無駄を省こう」という
方向に物事を考えがちです。

特に仕事においては、「どれだけ少ない時間でどれだけの価値を
創造できるか」という効率的思考から逃れることはできません。

しかし、世間一般で言われているような「無駄」が必ずしも
無駄ではないという場合があります。
また、ある人にとっては無駄なものが、
自分にとってはとても重要なものである時があります。
(もちろんその逆も。)

どれが無駄でどれが無駄ではないかを判断する「目」が
とても重要になってきます。

自分にとっての「無駄ではない無駄」を選んでみましょう。

たとえば僕は、締め切りが迫っている案件があったとしても、
平気で熟睡したり、なかなか取り掛からずに映画を観始めたり
しますが僕はこれを無駄なことをしているとは思っていません。

「何もそんな時にそれをしなくても良いだろう。」

と思われるかもしれませんが、それが僕にとってはとても
大切な時間となり、その後一気に仕事に情熱を注ぐための
ガソリン補給の時間となっているのです。

仕事とは関係のないことで人に会う場合にも、
僕はそれさえも仕事にとってプラスだと考えています。

多くの人が集中していることには目を向けずに、
世間一般で無駄だと思われていることに夢中になるほうが、
もしかしたら豊かな人生を送ることができるかもしれません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。