日記

狭い範囲で深くやりましょう

「アマチュアは手を広げすぎる傾向がある」

という言葉があります。

つまりプロは、たくさんのことを「広く薄くやる」のではなく、
「狭い範囲で深くやる」と言えるでしょう。

欲張って、「広く深くやりたい」と思うのは人情ですが、
それは永遠に叶えられることない幻想と言っても良いでしょう。

「餅は餅屋」という言葉の通り、人間は生涯、何かひとつのこと
しかできないものですし、ひとつのことだけやったほうが
良いものです。

それでもどうしても、「あれもこれもやりたい」と思ったら、
人を集めて、それぞれの特性を活かした部分に配置し、自分は
その司令塔となるしか、その願望を叶える方法はありません。

つまり多くのことに手を付けている時点ですでに
「専門家」ではなくなってしまっているのですから、
その状態で「プロ」を意識するのは矛盾と言えますね。

この世の中にたくさんある職業からまずはひとつ選ぶことです。
そして、

「わたしは、○○のプロです。」

と自信を持って言えるように腕を磨いていきましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。