日記

理想と現実の距離を縮めよう

日々の行いはすべて、理想と現実の距離を縮めていくことである
と言うことができるでしょう。

生活においても、仕事においても、まず夢を思い描きます。

「こうなりたい」

「これがしたい」

と思わなければ何も始まりませんし、
以前書かせていただいたことですが、

「夢は、思い描いた時点で、99%叶っている」

という言葉の通り、まず理想を思い描くことから始まります。

どんな夢を描いても良いのですが、
できるだけ具体的にイメージするのがポイントです。

しかし、実際やってみるとお分かりになると思いますが、
理想を思い描くということは結構大変です。
ただぼんやりと欲望のままに夢想するのではなく、具体的に、
こういう理由でこういうことがやりたい、いつまでに実現したい
などというように、具体的に決めなければいけないからです。

具体的な決断には責任の重圧が伴いますし、

「自分にできるのかな」

という不安や迷いとも戦い続けなければいけません。

そして、何とか夢を思い描くことができたなら、次に、
その理想の自分と現実の自分との距離が嫌でも目に入ってきて、
自分の至らなさを思い知ることになるはずです。

あとはただ淡々と試行錯誤、失敗と小さな成功を繰り返しながら
その距離を縮めていくことに集中するだけです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。