日記

甘いものの魔法

甘いものは人の心をほぐす魔法を持っているようでして、
疲れた時にチョコレートやキャンディーを口に入れると、
それだけでやる気が回復してきますし、
人にお詫びに行く時など「菓子折りを持っていく」というように
甘いものを与えて相手の怒りを鎮めようとたくらんだりします。

日本の文豪太宰治は

「女が激しく泣いているような時には、
 そっと甘いものを手渡してやると泣き止む。」

と言っていますし、ロシアの文豪ドストエフスキーも

「ひとかけらの砂糖! このたったひとかけらの砂糖で、
 頭はたちまちはっきりとし、心は強さを取り戻すのだ。」

と言っています。

バレンタインで恋心を伝える時にもお菓子、
そのお返しのホワイトデーにもお菓子、
お花見のお団子に、夏の水菓子、クリスマスケーキ、
年中お菓子ばかり食べています。

そんな僕も、日中の珈琲には黒糖、
夜のウィスキーにはチョコレートなどと、
機会あるごとに甘いものを食べますので健康が気がかりです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。