日記

男女の喧嘩の99%の原因

僕自身のこれまでの経験によりますと、
女性に何か相談事をもちかけられた時に、
必死に頭を使って解決策を練って教えてあげますと、
逆に叱られてしまう場合があります。

「難しいことをごちゃごちゃ言われたくない。
 解決方法は自分でもう分かっている。
 あなたにとやかく言われたくない。」

と叱られるわけですが、これが男性にはとても不可解です。

解決方法をすでに知っているのなら、
あとはそれをただ実行すれば良いのにと思うのですが、
どうやら女性はそれだけでは気が済まないようなのです。

「解決方法を聞きたいんじゃない。
 ただ共感してほしいだけ。」

というのはよく聞かれる女性の主張ですね。

よって、「話し上手」よりも「聞き上手」の男性のほうが
モテるという結果になってしまいます。

男性はお店に入ると、目的の商品が置いてある棚に
脇目も振らずに真っ直ぐに向かいます。
他の物に目をくれているのは時間の無駄だと思っているのです。

それに対して女性はお店に入ると、
入口からゆっくり店内を歩き始めます。
目的の商品の棚に走るということはまずありません。

◆男性は、一刻も早く問題解決したい
◆女性は、まず気分をほぐしたい

そのような男女の特性の違いが、
古今東西の男女の喧嘩の99%の原因と言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。