日記

発情期の春

人間もケモノの一種なのですから、発情期というものがあり、
それは季節でいうなら春の今だと思っています。

春になって空気があたたかくなってくると、
変な人も多くなるのは事実ですし、
あたたかい夜風に吹かれながら夜桜などを眺めていると、
好意を寄せる異性のことが頭をよぎり、
時に欲望すら感じることがあることは、
人間であれば誰もが身に覚えのあることでしょう。

「春」という文字そのものも、「青春」とか「春画」とか
性的な意味合いを持つ言葉と結びついていることからも、
むかしから「春」と「性」は深い関係があったのでしょうね。
人間にとっての発情期は春に違いありません。

灰色の冬が過ぎ、自然はたちまち色彩を取り戻します。
生命の力強い躍動が聴こえてきます。

こんなワクワクする季節なのですから、
多少エロティックな妄想に浸ることがあっても、
大目に見ていただきたいものですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.