日記

相手の得を優先しよう

人間はついつい相手よりも自分の利益を先に考えてしまうもの
ですが、長い目で見てみますと、自分よりも相手のことを先に
考えて行動した時のほうが、実りが大きいものです。

「損して得を取れ」

という言葉がありますが、最初は利益ではなく、
積極的に損を引き受けるようにしたほうが、
その後に得られるものが大きくなるということです。

損をしたくない損をしたくない、とばかり思っていますと、
小さな得を少しだけしか得られず、損をしてやろうと思って
行動していると、不思議なことに、損をするどころか、
思いがけない大きな得をしてしまうようになっています。

「情けは人のためならず」

という言葉もあるように、相手に投げかけたものが、
めぐりめぐって大きく膨らんで自分自身に返ってくるという
ことがこの世のあらゆることの性質であるように思います。

人に意地悪をすれば、その何倍もの不運が自分に跳ね返って
きますし、人に親切にすれば、自分が困り果てた時に、
助けてもらえるのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。