日記

知っていてもできない

9月に入ってずいぶん涼しくなりました。
しっとりとした秋雨の季節でもありますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日僕のところに寄せられたご相談で、

「頭では分かっているのにどうしてもできない。
 どうしたらいいでしょうか。」

というものがありました。

このブログでも以前書いたことがありましたが、
知識として頭に入ると、それだけで人は安心してしまいます。
まだ何もしていないうちからもう全部できる気持ちになって、
結局行動をしようとせずそれで終わってしまいます。

また、うまくできるかどうか不安だ、怖い、というように、
恐怖感が行動をブロックしてしまう場合もあると思います。

知識と行動の間には、とても大きくて強力な壁があるのですね。

「知っていること」と「できること」は違うということです。
「知っている」だけではなく、「できる」ようにならなくては
いけませんね。

そのためには、実際に自分の身体を使って、
小さなことから始めてみる以外に方法はありません。
当然のことながら、知識として知っていることがいきなりすべて
できるはずはありませんので、最初は「練習」となります。

行動することに恐怖を感じてしまう方は、
いきなり全部できるはずだと思い込んでいるのかもしれません。
生まれて初めて自転車にまたがってもすぐには乗れませんよね。
何回か転ぶでしょうし、最初はゆっくりしかこげないでしょう。

それと同じことで、どんなことでも繰り返しやっているうちに、
いつしかすんなりできるようになるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。